WIKI構文サンプル

WIKIの編集方法

編集方法は、下記ヘルプを参照してください。



▼見出し

見出し1

見出し2

見出し3


▼改行
エンターキーで改行されます。

▼水平線



▼リスト
  • リスト
    • リスト
      • リスト
  1. リスト
    1. リスト
      1. リスト

▼テーブル
列1 列2 列3
内容1 内容2 内容3
内容4 内容5 内容6

▼テーブルオプション
左寄せ 中央寄せ 右寄せ
背景色グレー 文字色赤 文字サイズ30
内容4 内容5 内容6

▼ファイルの編集
# ref(添付ファイル名) と書くと、アップロードしたファイルへのリンクを張ることができます。
※現在画像以外のファイルをアップロードすることはできません。
# image(画像ファイル名) と書くと、アップロードした画像ファイルを貼り付ける事ができます。
画像ファイル名

▼画像のサムネイル表示
画像名

▼文字寄せ
左寄せ
中央寄せ
右寄せ

▼文字の装飾
文字サイズ20px
文字色
斜体文字
太字
取り消し線

▼複数指定する場合
構文1{構文2{装飾したい文字}} のように囲む。
例)&size(文字サイズ){&color(文字色){ここにテキスト}}

▼リンク
テキストにURLリンク [[表示名:URL]]
内部ページリンク ページ名
テキストに内部ページリンク 表示名
メニュー編集リンク ここに好きなテキスト

▼QRコード
qrcode

「見出し」

見出し1

見出し2

見出し3


「文字位置」
左寄せ
センター寄せ
右寄せ

「文字サイズ」
30pxサイズ
15pxサイズ

「文字色」
赤の文字列
水色の文字列

「文字背景色」
文字列
白抜き文字黒背景

「等幅フォント表示」
文字列

「太字」
強調文字1
強調文字2
強調文字3

「斜体」
斜体テキスト1
斜体テキスト2
斜体テキスト3

「打ち消し線」
打ち消し線1
打ち消し線2
打ち消し線3

「下線」
下線1
下線2
下線3
下線4

「文字装飾一括指定」
文字列
文字列

「WIKI構文を適用しない」
文字列

「コメントフォーム挿入」

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

「コメントアウト」

「改行」文中利用OK


「区切り線」


「リスト」
  • リスト(番号なし)
    • リスト(番号なし)
      • リスト(番号なし)
  1. リスト(番号つき)
    1. リスト(番号つき)
      1. リスト(番号つき)

「リンク」
[[文字列:URL]]
画像名
画像名

「目次作成」

「citeタグで囲む」
文字列

「短い引用文(qタグ)」
文字列

「長い引用文(blockquote)」
文字列
文字列

「アンカーリンクを付ける」
&anchor(アンカー名){文字列}
&anchor(アンカー名,option=nolink){文字列}
※アンカーテキストをリンクではなく通常テキストで表示
&link_anchor(アンカー名){文字列}
※任意の文字列に指定したアンカーへのリンクを作成

「ページ上部へのリンクを表示」

「メニュー編集リンクを表示」
メニュー編集

「進むリンク(ボタン)を表示」
=テキスト=
※{}内にリンク文字を記述(指定がない場合は「進む」)
=ボタン=
※ボタンの表示文字を設定
※ボタン位置:左寄せ
※ボタン位置:真ん中(初期配置)
※ボタン位置:右寄せ

※ボタンの上部に水平線を出力

「戻るリンク(ボタン)を表示」
=テキスト=
※{}内にリンク文字を記述(指定がない場合は「戻る」)
=ボタン=
※ボタンの表示文字を設定
※ボタン位置:左寄せ
※ボタン位置:真ん中(初期配置)
※ボタン位置:右寄せ

※ボタンの上部に水平線を出力

「ページを編集するリンクを表示」
※編集ページへのリンクを表示(指定がない場合は「編集」)

「mailtoリンクを表示」
&link_mailto(メールアドレス){文字列}

「telリンクを表示」
&link_tel(電話番号){文字列}

「トップページのリンクを表示」

「新規ページを作成するリンクを表示」
文字列は任意に変更可

「ページ一覧へのリンクを表示」

「表示非表示を切り替え」
&exkp(k){文字列}
※携帯アクセス時に非表示
&exkp(p){文字列}
※PC(パソコン)アクセス時に非表示。

「複数ページを表示」
ページ名」 はまだキャッシュされていません。

  • 最終更新:2014-09-27 15:51:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード